Skip to navigation (Press Enter) Skip to main content (Press Enter)

提案から試運転まで: 大規模ランドリープロジェクトを管理する独自のJENSENアプローチ

生産性の高い単独機を適切な自動化レベルで組み合わせるのは常に顧客と一緒に構成、計画された独自のソリューションです。

大規模または複雑なプロジェクトは、一種独特なソリューションです: それは時間内に始めと終わりを定義する、それに伴って範囲や資源を定義することで、独自の結果を目指すことです。何をするにも同じですが、プロジェクトも特定の制約の下で実行し、成果を出す必要があります。制約とは範囲、時間、費用です。制約という3辺に囲まれた「プロジェクト管理の三角形」とも呼ばれます。他の2辺を変更することなく、三角形の1辺を変更することはできません。これらの要素間には、強い相互依存関係があります。JENSENは、相互の同意に基づくプロジェクト目標を定めることを最優先しています。弊社は時間と費用を有効に活用するよう、一歩ずつ計画的に進めます。プロジェクトの計画、設置、試運転の間に生じる多くの問題や議論が、常に3つの制約に影響を与えます。そして、3つの制約を管理することが、両社のプロジェクトマネージャ、JENSEN、顧客の究極的な課題です。

4つを結ぶ

ジェンセン内の既存のベストプラクティスと最先端の業界慣行に基づき、主要な成果物とそれをサポートするテンプレートを明確に定義したフェーズモデルが開発されました。このモデルは4つのフェーズで構成されます: まず、契約の締結とレイアウトへの合意に至るまでの販売フェーズ。次に、仕様とスケジュールの確認までの計画&発注フェーズ。設備始動に成功するまでの設置フェーズ。そして、最終的な引き渡しに至る試運転フェーズです。JENSENのプロジェクト管理フレームワークは、常にそれぞれ明確な目標と成果物を持つ4つの主要フェーズで構成されます。ツーソン、トロント、トンブクトゥなど、JENSENのランドリー設備の設置場所は関係なく、工程は同じです。この工程を自動化するため、主要な成果物を正確に記述するテンプレートも開発されました。4つのフェーズがJENSENの全ターンキー方式プロジェクトの全体構造であり、最高レベルの計画性を意味します。フェーズの目標とは、次のフェーズに進むために、そのフェーズで最終的に達成すべきことです。

ランドリーマネージャーのための成功と安全性

新しい設備に投資する、またはゼロからランドリーを計画する際には、綿密に計算され事実に基づいた意思決定過程を経なくてはなりません。JENSENと提携することで、一社からあらゆる機械、資材、自動化を調達可能な強力なサプライヤーをパートナーとしてもつ安全性を得ることになります。JENSENは提案から試運転まで、全ての局面で貴社をサポートします。プロジェクト管理に対する弊社独自のアプローチは、弊社を他の機械サプライヤーと差別化する、弊社の顧客に対する付加価値です。 

提案から試運転まで: JENSENのチームは、両社の期待に応える最高のソリューションを得るためにとお客様と提携しています。