Skip to navigation (Press Enter) Skip to main content (Press Enter)
InwatecのTudor Morar氏とMartin G.Albøge氏。ノルウェーのトロンハイムにあるNTで新しいロボットをインストール、試運転。

汚れた洗濯物はランドリーロボットにお任せ

汚れた洗濯物のソーティング作業は、つい最近までは自動化されていないプロセスでした。デンマークのオーデンセにある若くて勢いのある「ランドリーオタク」と呼ばれる者たちが、それを解決する方法を見つけました。 Inwatecの自動ソイルソーティングシステムは、品質管理と監視に対する人間の手の介入を最小限に抑え、X線装置と学習システムで構成されています。


2018年1月、JENSEN-GROUPはInwatecに資本参加しました。洗濯用ロボット工学と人工知能への投資は、洗濯物のすべてのプロセスを自動化するという我々のビジョンを体現しています。

どのように機能するのか?
ロボットはコンベヤーベルトから洗濯物を取り出し、X線スキャナーに搬送します。X線スキャナーは、ポケットに隠れた不要な物を検出します。同時に、RFIDチップリーダが衣類を登録し、システム内のさらなる仕分けを決定します。これらの作業はすべて、ロボットにはじかれた衣類のポケットを空にするだけで済むため少数のオペレータによって実行されるようになりました。
こちらをご覧ください:https://youtu.be/-oDMVnP__p8

インテリジェントロボットは無限の可能性を提供する
これまでの課題は、人間の機能を置き換えるのに十分なインテリジェントなロボットを作ることでした。人工知能は、コンピュータが大量のデータを分析することを可能にします。 1つの例は、視覚的ソートのみに基づくシステムです。これらは主にマークのない衣服に使用されます。

X線技術による労働安全
X線スキャナーは、単体のマシンであっても優れた能力を発揮します。束になった汚れた洗濯物に危険な異物がないかどうかチェックし、安全で効率的な作業環境を作り出します。 X線技術は、ピンセット、メス、はさみなどの有害な物体を検出することができ、刺傷や感染の可能性は皆無になります。

人間の知能から人工知能まで
平均的な人が1秒未満でメンタルタスクを完了すると、このプロセスは人工知能で自動化できます。洗濯業界は、人間の介入なしに技術が生産プロセスの大部分を引き継ぐ新しい時代の始まりに立とうとしています。

洗濯の自動化で未来を創造すること、これは現に起きていることです。世界中のランドリーオーナーが、Inwatecのロボットを使って汚れたリネンや衣類を仕分けする分野で世界の先駆者になっています。
 

デンマークのInwatecでの偉大なチーム「ランドリーオタク」たち
ソイルドサイドソーティングシステムは、JENSENパフォーマンスデーで多くの来場者を集めました
ポケットにあるものを集めたもの - 危険なものや部分的に感染したものは、オペレーターの健康に大きな危険をもたらす

More news

アップデート:ハリケーンマイケル後のJENSEN USA

おかげさまでJENSEN USA は10月29日(月)よりほぼ通常営業に戻りました。

より高度な自動化を図る超近代的ランドリー

アメリカのランドリーサービス会社Halifax Linen Service Incは、自社を「東海岸で最大の超近代的なリネンサプライヤーの一つ」と公言しています。

アップデート:ハリケーンマイケル後のJENSEN USA

米国フロリダ州のパナマシティ近辺に甚大な被害をもたらしたハリケーンマイケル。パナマシティにオフィスを置くJENSEN USAのサービス状況に関して以下の通りお知らせいたします。