Skip to navigation (Press Enter) Skip to main content (Press Enter)
Robots make laundries smarter and safer.

ロボットでランドリー業をよりスマートで安全に

現代的なランドリー工場においてさえ、いまだに、きつくて、汚い、しかも危険をはらむルーチンやプロセスが多く存在しています。特に繰り返し作業は従業員のミスにつながる場合が多く、そのミスによって、時に莫大な費用がかかってしまうこともあります。幸いにも、最近はこの業界のリーダーは、ロボット、人工知能、データ管理などの新しいソリューションの開発に重点を置いています。

 

なかでも、汚れたユニフォームの仕分けは、先進技術を使用し、人の作業を最小限に抑えることができるルーチン業務の一つです。

ロボットがコンベヤベルトから個々の洗濯物をピックアップして、RFIDチップリーダまで搬送し、それぞれの品物を識別して記録します。その後すぐに、X線スキャナをつかって自動的にポケット内に隠れた異物を検出し、該当する品物を排除します。問題のない洗濯物だけがその先に送られ、システムに従って品種ごとに仕分けられます。

今では、これらの作業の全てを、排除された品物のポケットを手作業で空にするために必要なほんの数人のオペレータだけで行うことが可能です。

X線技術によってもたらされる職業上の安全
X線スキャナは単独の装置としても完全に機能します。汚れた洗濯物に危険な異物がないかを確認し、安全で効率的な作業環境を作り出します。X線技術を用いることで、針、ハサミ、メスなどの鋭利で危険な異物が検出されずポケットに残ったままになってしまうことを防止します。

人間の知能から人工知能へ
しかし、人間の身体と脳の組み合わせというのはかなり賢いものであるため、人間を簡単に置き換えることができるわけではありません。一方でロボットは言われたことだけをするため、インテリジェントなロボットを作り上げるためには優秀な人材が必要です。彼らの知能を利用できるのであれば、人工知能(AI)と一緒に働き始めることができます。

AIというのは、自分で小さな頭脳のようなコンピュータを作るようなものです。適切なソリューションを用いてたくさんの関連するデータを与えAIに学習させます。より多くのパターンを学ぶことでAIはより賢くなります。その一例となるのが画像情報だけで品種仕分をおこなうシステムであり、主にタグ/バーコードを付けていない衣服に対して使用されています。

特定の入力データを使用して単純な応答を引き出す場合、AIにおけるほとんどすべての進歩は最近になってなされたものです。一般的な人が1秒未満の思考で行うことができる知的作業なら、私たちは今すぐにあるいは近々、AIを活用してそれを自動化できます。

そのような機械があれば、人間はお客様に関わる業務を担当し、ロボットが反復作業を行うことによって、ランドリー業者はもっと対顧客にきめ細やかなサービスを提供することができます。

ランドリー産業は、テクノロジーが人間の関与なくほとんどの生産工程を引き受けることができる新しい時代に突入しています。JENSEN-GROUPはパートナーのInwatecと協力することで、今一度、ランドリー産業の未来を築いています。このようなロボットや人工知能における最新の技術革新がランドリー業のIQと生産性を向上させるのです。
 

More news

Elis とJENSEN の連携が新たな製品開発に発展

JENSEN は、2016 年フランクフルトで開かれた Texcare International...

耐久性は十分ですか?作業着に高まるニーズ

ランドリー業界、特にJENSENにとっては、生産性、効率性、成長力が重要なキーワードとなっております。ランドリー業界で働く責任者にとっての最大の関心は、どうすれば業績を上げることができるのか、どうすればもっと生産性と効率性を上げることができるかということです。

ランドリーのクリーンテックを提唱して10周年

2008年にジェンセンはクリーンテックというコンセプトを提唱し、ランドリー業界の新たな方針を打ち出しました。同年、世界で初めてすべてジェンセンの機械のみのスチームレス工場がオーストラリアでオープンいたしました。